1 /
販売元
ミキハウス

猫の事務所

通常価格
¥1,650 (税込)
販売価格
¥1,650 (税込)
通常価格
¥1,650 (税込)
単価
あたり 

17-1132-953

カラー
サイズ

日本図書館協会選定図書

かまどの中で眠るくせのあるため、すすでいつもよごれている「かま猫」。職場の「猫の事務所」で第四書記のかま猫は、ほかの三人の書記からひどくいじめられていました。一生懸命にやればやるほど、いじめられるのです。そこへ現れた大きな獅子が言い放つ言葉とは!?

時代を超えた問題を痛烈に描き出した傑作!植垣歩子が点描のような独特の筆使いで、豊かな表情の猫たち、事務所の小物など、全てに愛情を込めて描いています。

【プロフィール】
絵●植垣歩子(うえがき あゆこ)
1969年、東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業。
1996年に『おふろ』(学研)で絵本デビュー。
ボローニャ国際絵本原画展入選、ブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリ受賞。『マーシャと白い鳥:ロシアの民話』(偕成社)で日本絵本賞大賞。そのほか産経児童出版文化賞ニッポン放送賞など、受賞多数。
2002年よりチェコ共和国のプラハに在住。
その他の絵本に、『十二の月たち』(偕成社)をはじめ、『かえでの葉っぱ』(?.ムラースコヴァー/文 関沢明子/訳 理論社)など、ロシアや東欧のスラブ地方に伝わる民話を絵本化した作品多数。その他に『ペンキや』『ワニ』(いずれも梨木香歩/作 理論社)、『もりのおとぶくろ』(わたりむつこ/作 のら書店)、『山のタンタラばあさん』(安房直子/作 小学館)などがある。その他グリム童話の絵本化や挿絵もてがけている。

●使用画材:顔彩、水干絵具、岩絵具、水彩、膠/用紙:高知麻紙

【発行日】2014年10月20日

商品番号
17-1132-953(ISBN978-4-89588-132-6)
宮沢賢治(みやざわ けんじ)
植垣歩子(うえがき あゆこ)
ページ数
40P
サイズ
26×25cm
カバー
ハードカバー
対象年齢
6歳から
生産国
日本

閲覧履歴

  • 閲覧履歴はありません
ミキハウス公式Instagram
@mikihouse.official