ニュース

2020.06.18 想い ミキハウス本店に店舗用有機EL照明を設置~目に優しく、色再現性に優れた光が素材の良さを表現~

三起商行株式会社(ミキハウス:大阪府八尾市 代表:木村皓一)は、山形大学(学長:玉手英利)と  共同でワーキンググループを設置し、出産・子育ての負荷軽減や、子育て分野で新たな付加価値を生むような製品開発を目指して共同研究を行っています。

今回、その一環として、目に優しく、素材の良さを際立たせる有機EL照明を、ミキハウス本店(大阪府八尾市)に設置し、共同で実証実験を開始しました。上質なランドセルやベビーウェアなど、素材にこだわった商品の違いを見せる展示棚用照明として用い、実店舗で利用して価値を確かめることが目的です。

有機EL照明は、面発光の均一な光を発する光源で、発光スペクトルが自然光に近く、演色性(色の見え方)が優れているため、色ずれをおこさず、素材の持つ本来の色や丁寧な細部の作りを際立たせることができます。

有機EL照明を常設のアパレル向け店舗用照明として応用するのは、初の試みです。来店者の反応をつかみ、今後、目に優しい有機ELの特長も活かして、出産・子育てを支援するための家庭向け製品に向けた共同開発を進める予定です。
なお、本件は、JST センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムによる共同開発成果です。山形大学では、センター・オブ・イノベーション(COI)プロジェクト(実施期間:2013年度 ~ 2021年度、支援機関:科学技術振興機構(JST)、文部科学省)において、未来の快適で健康な生活や社会の創造を目指した研究開発を進めています。

※用語解説
1.演色性:色の見え方に関する指標。昼光の光を基準とし、照らされた物体の色の色ずれで評価する。
  発光スペクトルの幅が広く自然光に近い白色有機ELは高い演色性を実現可能である。
 


【山形大学概要】
山形大学は、「地域創生」「次世代形成」「多文化共生」を使命として掲げイノベーションを牽引する人材育成拠点として、教育、研究、地域貢献に取り組んでいます。山形県内(山形市、米沢市、鶴岡市)に4つのキャンパスを持ち、6学部、7研究科で約9,000人の学生が学ぶ総合大学です。

◇所在地:山形県山形市小白川町1-4―12(法人本部)
◇学部等:人文社会科学部、地域教育文化学部、理学部、医学部、工学部、農学部、社会文化システム研究科、地域教育文化研究科、医学系研究科、理工学研究科、有機材料システム研究科、農学研究科、教育実践研究科
◇学長:玉手英利
◇設立:1949年5月(昭和24年)
◇公式サイトURL: https://www.yamagata-u.ac.jp
 C O IサイトURL:https://yucoi.yz.yamagata-u.ac.jp

<本件に関する報道関係者の方のお問合せ先>
三起商行株式会社(ミキハウス)社長室 広報部
TEL:072-920-2111(ミキハウス本社)

検索結果一覧に戻る

最新のニュースに戻る

page top

  • トップ
  • ニュース
  • お知らせ
  • ミキハウス本店に店舗用有機EL照明を設置~目に優しく、色再現性に優れた光が素材の良さを表現~